口育について

口腔機能発達不全症を防止することで、正常で健康な心身の発達を目指します。

昨今、お口のトラブルと全身に与える影響に関するお話は耳にされたことがあると思います。
これは大人だけの話ではなく、お子様にも言えます。
子供の歯は生え変わるから気にしなくてもいいと思っていませんか?
子供の歯は食事をする為だけでなく大人の歯に生え変わる為の準備期間でもあります。
歯並びは骨格の大きさだけでなく、口唇や頰、舌等お口に関係する筋肉の影響を受けるのはご存知ですか。
それらの筋肉の発達は乳児期から始まっているのです。

大切なお子様の口の中、気になっていることはありませんか?

  • 歯の生え方が遅いと思ったことはありますか?
  • 虫歯があり、食べることが困難な事はありませんか?
  • 固いものを噛むことを嫌がり、丸のみしていることが多いと思いませんか?
  • お口の中にいつまでも食べ物が入っていませんか?
  • 片方の歯だけで噛んでいませんか?
  • 食べる時、ペロッと舌を出すことはありませんか?
  • 食べる量が、少ない、多い、と感じることはありませんか?
  • 舌たらずだったり、活舌が悪くないですか?
  • お口をポカンとあいていませんか?
  • 指しゃぶり、唇をかむ、爪をかむ癖がありませんか?
  • 舌を出すと、舌の先が割れていませんか?
  • やせている、または、太っていると思いますか?
  • 口で呼吸をしていませんか?
  • 扁桃腺が肥大していませんか?
  • 寝ている時いびきををかくことはありませんか?

口腔機能発達不全症

生まれた瞬間からの母乳やミルク、離乳食などの誤った与え方によって口腔周囲 筋の機能的発達不全を起こし、呼吸や嚥下に障害を生じてしまいます。

同病名と診断された場合、歯科医院で保険管理を行えます。

マイナス1歳からの一生涯の口腔機能マネジメント

【0〜15歳 乳児期から口腔機能の発達全般をマネジメント】

  • 【妊娠期】出産直後からの口育指導、安定期の歯周病コントロールによる早産防止指導
  • 【0歳〜】哺乳指導、離乳食指導を通じた口育指導
  • 【1歳半〜】う蝕予防指導管理
  • 【2歳〜】導入筋機能療法
  • 【3歳〜】保険での口腔機能不完全症管理
  • 【5歳〜】本格的筋機能療法

【16歳〜 咀嚼の維持管理をマネジメント】

  • SPT IIなどの歯周病管理の必要性重要性の指導
  • 歯ぎしりなど外傷性咬合に対するナイトガードの使用指導
  • う蝕の検査、管理の必要性重要性の指導

【65歳〜 口腔機能低下症に対する管理をマネジメント】

  • 口腔機能低下症に対する検査の必要性の指導
  • 口腔機能低下症に対するトレーニングの指導

このページのトップに戻る